ナルト ネタバレ確定&画像のブログ

ナルトのネタバレ確定&画像のブログです。ナルトが好きすぎて書かずにはいられないので、ネタバレ確定&画像のブログを作っちゃいました。
 

カテゴリー:ナルト ネタバレ 確定 画像

スポンサードリンク

2013年04月01日

ナルト ネタバレ 625 確定 画像

ナルト ネタバレ 625 確定 画像

ナルトのネタバレ、NO.625の確定版です(画像ものせちゃいます!)。

ついに千手一族とうちは一族の抗争に終止符が打たれようとした時、マダラから出された条件は

「今 弟を殺すか・・・己が自害して見せるか」

さて、その時柱間はどうするのか・・・


【NO.625:本当の夢】

柱間に迫る二択・・・!!

千手一族「弟を殺すか自害しろだと!?」

「ふざけたこと言ってんじゃねーぞこの・・・」

写真.JPG

扉間「言ってることがムチャクチャだ!」

「どうするんだ兄者!?」
「・・・このオレを殺すのか?」

「それともこんな奴のたわ言の為に死ぬのか?」

「バカバカしいい・・・耳を貸すな兄者!」

マダラ「・・・」

柱間「ありがとうマダラ」

スッ・・・

「お前はやっぱり状の深い奴だ」

ガシャ

扉間「!」

マダラはちゃんと
選択肢をくれたのだ・・・
弟を殺さないでいい
選択肢を・・・

奴もわかっていた
弟を持つ
兄としての
心の内を・・・

柱間「いいか扉間・・・オレの最後の言葉としてしっかり心に刻め・・・」

「オレの命に替える言葉だ」
「一族の者も同様だ」

「オレの死後 決してマダラを殺すな」

「今度 うちはと千手は争うことを許さぬ」

「皆の父とまだ見ぬ孫達に賭けて誓え」

「さらばだ」

写真 (1).JPG

写真 (2).JPG

柱間「・・・・・・・・・」

マダラ「もういい・・・・・・」

「お前の腑は・・・見えた」


夢のようだった・・・・・・
うちはと千手が手を組んだのだ

もう多くの犠牲が出ることもない・・・
多くの子供の死も必要なくなる・・・・・・

そしてオレ達は里づくりを始めた・・・

その後 火の国と手を組み
国と里が同等の立場で組織する
平安の国づくりも始まった

とにかく夢のようだった・・・

柱間「覚えてるか・・・」
「ガキの頃にここで話したこと」

マダラ「ああ・・・」

「アレはただの夢の話だと思ってた・・・」
「掴もうとすれば出来ないことはなかったってのにオレは・・・」

柱間「これから夢が現実になる」

「・・・火の国を守る影の忍びの長・・・」
「名を火影

「どうだ?」

マダラ「何だそれ?」

柱間「火の国から里の代表を決めるよう要請があったんだ」

「お前に長をやってほしいと思ってる・・・」
「火影を」

「もうお前に兄弟はいないが・・・」
「この里の忍び達は皆 お前の兄弟だと思ってほしい」

「しっかりと皆を見守ってほしいんだ・・・」

マダラ「うちはの兄弟すら守れなかったこのオレに・・・」

柱間「弱気になってるヒマなんてないぞ」

「うちはに千手はもちろんとして」
「猿飛一族に志村一族も仲間に入りたいそうだからな」

マダラ「うそだろ・・・本当かよそれ!」

柱間「その他にもまだまだ・・・」
「この里はどんどん大きくなるぞ!」

「そろそろ里の名前も決めないとな」

「何か案あるか?」

マダラ「・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・」

「木ノ葉・・・隠れの里」
「・・・てのはどうだ?」

ずう〜〜〜ん

柱間「・・・単純ぞ・・・・・・」

「ヒネリもないぞ・・・」
「見たままぞ・・・・・・」

マダラ「火影とどう違うんだゴラァ!!」

「てか まだ治ってねーのかその落ち込み癖!!」

長い時間がかかったが
オレ達は昔の中に戻れた気がした

マダラ「火影ってのは里にずっと居て皆を見守る役目って事か?」

柱間「それもあるがそういう意味だけじゃない」
「これから里づくりが本格化するにあたって火影も忙しくなる・・・」

「だから お前のデカイ顔岩をこの足元の岩壁に彫る」

「この里を守る象徴だぞ!」

マダラ「・・・冗談だろ・・・」

柱間「顔がイカツ過ぎるからほんの少し手を加えるけどな!」

サッ

扉間「ここに居たか・・・」

「こんな所で 何油打ってる!火の国の大名達が会談に来る頃だぞ!」

マダラ「・・・扉間か・・・」

扉間「・・・・・・」

マダラ「・・・・・・」


扉間「火影だと!?」

「何を勝手なことを!」

「マダラを長の候補として推薦するまではいい」
「・・・だが決定は火の国と里の民意を聞きつつ上役と相談して決める!」

「もう父上の時とは違う!」

柱間「・・・しかし・・・」

扉間「そして・・・うちはマダラが長に選ばれることはまず無い」

「皆分かってる・・・里をつくった立役者は兄者の方だと・・・」
「それは・・・うちはの者達まで言っている事だ」

「それに・・・兄者はうちはの噂を知らないのか?」

「奴らの瞳力は未来しみの強い者ほど強く顕れる」
「・・・写輪眼がそうだ」

「何をしでかすか分からぬ連中だ」
「・・・これからの里にとって・・・」

柱間「そういう言い方はよせ!扉間」

ミシ

スッ

「ここに誰か居たような気がしたぞ」

ガラガラ

「扉間・・・お前なら分かるだろ」

扉間「イヤ・・・今はチャクラを練ってない・・・」

「話をそらすな兄者!」

柱間「!」

パラッ

「・・・!」

扉間「これからは民主的な運営をやっていく・・・」

「異議はあるか?」

柱間「・・・・・・・・・」

「イヤ・・・それでいい」

写真 (3).JPG

マダラ「これはうちはに代々伝わる石碑・・・」
「他族に見せた事は一度もない」

「解読するには瞳力が必要な特別な読み物だ」

「今 オレが解読できるところまでにこう書いてある」

「『一つの髪が安定を求め陰と陽に分極した 相反する二つは作用し合い森羅万象を得る』」

「これは全てに当てはまる道理だ」

「つまり・・・相反する2つの力が強力することで」
「本当の幸せがあると謳っている・・・」

「だが・・・」

「別のとらえ方もできる」

柱間「・・・?」

マダラ「柱間・・・オレがなにも知らないと思うか・・・?」

柱間「・・・・・・・・・」

「扉間の事はオレに任せてくれ・・・」

「お前なしではやれない・・・」
「・・・火影の右腕として兄弟として共に協力してくれ!」

「いずれ民もお前の良さに気付く・・・」

「その時二代目の火影として」

マダラ「お前の後おそらくあの扉間が火影となろう」

マダラ「そうなれば うちははいずれ消されていく・・・」

「それが分かっていてさとをでるよう うちはの他の者に声をかけたが・・・」
「誰一人オレについてくる者はいないようだ」

「弟も守れなかった・・・」

「一族を守ると弟とかわした約束も守れそうにない・・・・・・」
「守りたい同族からも信用されていない・・・」

柱間「そんなことはない・・・!」
「皆 直ぐに・・・」

マダラ「あの時・・・お前に『弟を殺せ』と断定するべきだったのかもな・・・」

「お前はオレを兄弟と言う・・・」

「だが里のためにどちらを斬れる?」

柱間「・・・・・・・・・」

マダラ「・・・オレはお前の事をよく分かっているつもりだ」

「これ以上は無理だ・・・」
「オレは里を出ていく」

オレは別の道を見つけた

「腑を見せ合ったからこそ見えた・・・」

「協力とはいわば静かな争いでしかない」

柱間「そんな事はない!オレがそうさせん!」

スッ

マダラ「現実をどうとらえるかだ柱間・・・・・・」
「・・・ただ卑屈なのはヤメにしよう・・・」

「この世は ただの余興と見る法がまだ健全だ・・・」

柱間「オレの話を聞いているのか!?マダラ!」

マダラ「オレと対等に争えるのはお前だけだ」

柱間「・・・・・・・・・」

マダラ「本当の夢の道へ行くまでの間・・・」

「お前との闘いを愉しむさ」

マダラ、至る「凶」地・・・!!

NO.625/おわり


せっかく一つになったうちはと千手。

しかし柱間にとってのネックがまさか実弟の扉間だったとは・・・

柱間はマダラを信じるも、周りがマダラを信じられなかったのは

「今 弟を殺すか・・・己が自害して見せるか」

これだったのかもしれませんね。。。

そして柱間は信じられても扉間を信じられないマダラ。

柱間は信じられてもうちはを信じられない扉間。

マダラはうちはを愛するが故、柱間がいなくなってしまった後のうちはの立場を不安に思い、里を出ようとしたマダラについて行く者はいななかった。。。

マダラの心はボロボロだったでしょうね。

いよいよ次週から終末の谷での決戦が始まるのでしょうかね?

また次週が楽しみです!!


ナルティメットストーム3、いよいよ4月18日発売ですね!

ナルティメットストーム3のホームページではもう公開していないPV集がこちらでチェックできます!
http://jump.cx/NARUTO3

amazonならPS3版は18%OFF、Xbox360版は16%OFFで予約購入できるみたいですね!

⇒NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3 ( 初回封入特典:うずまきナルト「孫悟空コスチューム」がダウンロードできる"プロダクトコード同梱) 予約特典5体のコスチュームがダウンロードできるプロダクトコード入りカード付

【Xbox 360】⇒NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3 (初回封入特典:衝撃のドラゴンボールコラボコスチュームがダウンロードできる"プロダクトコード″ 同梱) 予約特典:5体のコスチュームがダウンロードできる"プロダクトコード入りカード″ 付

〜 ナルト ネタバレ 625 確定 画像 〜




posted by narunaruto at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナルト ネタバレ 確定 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

ナルト ネタバレ 624 確定 画像

ナルト ネタバレ 624 確定 画像

ナルトのネタバレ、NO.624の確定版です(画像ものせちゃいます!)。

お互いの家柄を知り、お互いに親から罠を仕掛けるよう指示を受けた柱間とマダラ。

しかし、お互いの衝突を避けようと罠を知らせ合い逃げようとしたのだが・・・


【NO.624:相子】

写真.JPG

千手仏間とうちはタジマはほぼ同じ力だということは互いにいく度の戦いで分かっていた。

忍びは何があろうと戦場で心を乱さぬよう訓練されている

一瞬の心の乱れがスキを生じ・・・それが生死を分ける

柱間・マダラ「やめろ!!」

写真 (1).JPG

目の前で我が子が殺されれば

ほんの僅かだが己の心に乱れが生じるであろうことを

写真 (2).JPG

写真 (3).JPG

ガッ

仏間「!」
タジマ「!」

マダラ「弟を・・・傷つけようとする奴は誰だろうと許せねェ!」

柱間「・・・・・・」

マダラ「・・・・・・」

マダラ「オレ達の言ってた・・・バカみてーな絵空事には」

「しょせん・・・・・・」

「届かねーのかもな・・・・・・」

柱間「・・・マダラ・・・」

「・・・お前・・・!?」

マダラ「少しの間だったが楽しかったぜ」

「・・・柱間」

タジマ「3対3か」

「・・・どうだ いけるかマダラ」

マダラ「イヤ・・・柱間はオレより強い」

「このままやればこっちが負ける」

イズナ「兄さんより・・・強い子供が・・・?」

タジマ「・・・そうか・・・それほどとはな・・・・・・」

「引くぞ」

スッ・・・

マダラ「じゃあな・・・」

柱間「マダラお前・・・!」

「ホントは諦めちゃいねーよな・・・!?」

「お前はやっとオレと同じ・・・」

マダラ「お前は千手・・・できれば違ってほしかった」

「オレの兄弟は千手に殺された・・・」

「・・・だからさ」

「お互いは見せる必要もねーだろ」

「次からは戦場で合うことになるだろうぜ」

千手柱間・・・」

写真 (4).JPG

イズナ「見て父様!兄さんの目・・・!」

タジマ「フフッ・・・千手の情報は入らなかったが」

「・・・代わりにいいものをこちらは手に入れられたようだ・・・」

仏間「・・・写輪眼・・・・・・」

「今 開眼したのか・・・?」

その時・・・写輪眼の開眼がなにを意味するのか・・・・・・

オレには分かった気がした

奴は友となったオレを・・・・・・

完全に消すことにしたのだ

それからオレ達は戦った

来る日も来る日も戦い続け・・・

気付けばオレ達は互いに一族の長になり・・・

成しとげたかった夢から一番遠い所に居た

扉間「飛雷神斬り!!!」

ズバ

イズナ「!!?」

「ゴフ」

マダラ「イズナ!!」

ザッ

柱間「・・・・・・」

「マダラ・・・お前はオレには勝てない・・・」

「もう・・・」

だがオレは夢を捨てきれないでいた・・・

柱間「終わりにしようか・・・・・・」

「忍最強のうちはと千手が組めば・・・国も我々と見合う他の忍一族を見つけられなくなる・・・」

「いずれ争いも沈静化していく」

「さぁ・・・」

マダラ「・・・・・・」


イズナ「・・・ダメだ兄さん」

「・・・奴らに騙されるな・・・」

マダラ「!」

スッ

ボフ!!

シュウウウ・・・

戦いはうちは一族が劣勢なのは誰の目にも明らかだった

後 千手へ亡命する物まで現れ始めた

そしてその頃マダラも変わったのだ・・・

永遠の万華鏡写輪眼を手に入れてな

マダラ「この前の傷が元で弟は死んだ・・・」

うちはを守るためにオレに力を残して!」

柱間「休戦協定の書状を送ったハズだ!」

「・・・うちはを守るならもうこんな戦いは止めようぞ」

ズズズ

マダラ「柱間ァ!いつまでガキのような事を言っている!」

「腑を見せ合うことなんてできやしねーのにさ!」

ズオォォォ

一日続いた戦いの末・・・

マダラは初めて地面に背をつけた

マダラ「ハァハァ」

写真 (6).JPG

扉間「マダラ・・・終わりだ」

マダラ「ハァ」

柱間「・・・待て扉間」

扉間「・・・・・・」

「なぜだ兄者!?」

「今がチャンスだろ・・・!?」

柱間「手出しは許さん・・・

ゾクッ

マダラ「フン・・・いっそ・・・一思いにやれ・・・柱間・・・」

「お前にやられるなら」

「・・・・・・本望だ」

柱間「カッコつけても無駄ぞ」

「長であるお前をやれば・・・お前をしたう若いうちはの者がまた暴れ出す」

マダラ「もうそんな真のある奴はいねーよ・・・うちはには」

柱間「イヤ・・・必ず居る・・・」

柱間「また・・・昔みてーに水切りできねーか?」

「一緒に・・・」

マダラ「・・・そりゃ無理ってもんだぜ・・・」

「オレとお前はもう同じじゃねェ・・・」

「今のオレにはもう・・・兄弟は一人もいねェ・・・」

「それにお前らを信用できねェ・・・」

柱間「どうすれば・・・・・・」

「信用してもらえる?」

マダラ「・・・」

「腑を見せ合えるとすりゃ・・・」

「今 弟を殺すか・・・己が自害して見せるか」

「それで・・相子だ・・・」

「そうすりゃお前ら一族を信用してやる」

NO.624/おわり


結局戦いを避けられなかった柱間とマダラ。

そしてマダラは兄弟を千手に殺されたことを理由に柱間を消すことを決めた。

柱間も兄弟を2人うちはに殺されていたがそれは言わなかった。。。

そんな柱間の想いに気付かない?マダラに、「も〜〜〜」ってなりますが、そこもマダラのかわいいところですよね。

さて、扉間を殺すか柱間自身が自害をするかを求めたマダラですが、いったいどんな解決策を見出すのでしょうか?

木ノ葉の里ができたわけですから、何かいい解決策がでることは確かでしょうが、それがいったい何なのかが気になりますよね。

また次週が楽しみです!!


ナルティメットストーム3、いよいよ4月18日発売ですね!

ナルティメットストーム3のホームページではもう公開していないPV集がこちらでチェックできます!
http://jump.cx/NARUTO3

amazonならPS3版は18%OFF、Xbox360版は16%OFFで予約購入できるみたいですね!

⇒NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3 ( 初回封入特典:うずまきナルト「孫悟空コスチューム」がダウンロードできる"プロダクトコード同梱) 予約特典5体のコスチュームがダウンロードできるプロダクトコード入りカード付

【Xbox 360】⇒NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3 (初回封入特典:衝撃のドラゴンボールコラボコスチュームがダウンロードできる"プロダクトコード″ 同梱) 予約特典:5体のコスチュームがダウンロードできる"プロダクトコード入りカード″ 付

〜 ナルト ネタバレ 624 確定 画像 〜
posted by narunaruto at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナルト ネタバレ 確定 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

ナルト ネタバレ 623 確定 画像

ナルト ネタバレ 623 確定 画像

ナルトのネタバレ、NO.623の確定版です(画像ものせちゃいます!)。

幼きひの柱間とマダラ。

大人達のエゴによる戦争の世の中を終わらせるために二人が出した決意とは???

【NO.623:一望】

見据える先は・・・

戦乱のこの時代を変えようと
同じ考えを持つバカな子供が・・・
オレ以外にもいたのだ

驚いたというよりも
マダラは天の啓示だとしか
思えなかった

マダラ「・・・腑を見なくても分かるんだけどよ・・・お前・・・」

柱間「・・・何?」

マダラ「髪型といい服といいダッセーな」

ずう〜〜〜ん

・・・すべてが同じ考えって訳でもなかったが・・・・・・

それから
オレ達はちょくちょく
会うようになった

性は
お互いしらない
まま・・・

忍びの技を
競い合ったり
未来について
話しあったりした

バッ

写真.JPG

ズザ

ザザッ

マダラ「対術と組手・・・やるじゃねーの」

「オレと相打ちとはよ」

柱間「イヤ・・・そうじゃない・・・」

「オレは立ってるぞ」

マダラ「え?」

(石が落ちてきて)ゴチ!!

柱間「てーーーーー!!」

ドテッ

マダラ「何だって?」


柱間「でも具体的にどうやったら変えられるかだぞ」

「先のビジョンが見えてないと・・・」

マダラ「まずは この考えを捨てねェことと自分に力を付けることだろが」

「弱い奴が吠えても何も変わらねェ」

柱間「そだな・・・」

「とにかく色々な術をマスターして強くなれば」

「大人もオレ達の言葉を無視できなくなる・・・」

マダラ「苦手な術や弱点を克服するこったな・・・」

「・・・まぁオレはもうその辺の大人より強ェーけどよォ・・・」

柱間「!」

サッ

マダラ「フウ〜〜〜・・・・・」

ジョボボボ・・・

「・・・・・・」

柱間「ホントに止まるんだ・・・」

マダラ「だからオレの後ろに立つんじゃねェーーー!!!」

柱間「弱点見っけ・・・」

マダラ「小便したばっかの川に投げ込むぞゴラァ!!!」

会うたびに
オレ達は仲良く
なっていった

柱間「マダラ・・・オレすっごい術考えて来たぞ!」

「一緒にマスターしようぞ!!」

マダラ「へーーー・・・」

「どんなだ?」

柱間「体術奥義超火遁幻術斬り大手裏剣2弾落としの術!!!」

シュビッ

マダラ「イヤ・・・イメージできねェーよ・・・・・・」

柱間「詳しく説明すると・・・」

マダラ「うるさい!今日は直角ガケ登りを競う!」

ずう〜〜〜ん

マダラ「いちいち落ち込むな」

「それがてめェの弱点だ」

ダダッ

柱間「アハハハお先〜〜〜!!」

マダラ「!!」

「あっ!てめェ!!」

「落ち込むフリしやがったな!」

ハァ ゼエ ハア

柱間「・・・オレの勝ち・・・・・・」

ハァ ゼエ

マダラ「そりゃ・・・そうだろ・・・・・・」

ハア ハア

「先にスタートしたんだからよ!」

ハア ハア

柱間「・・・ここだと森が一望できるな」

マダラ「オウ・・・遠くまで良く見える」

「目の良さ奈良お前に負けねェ自身がある」

「・・・勝負すっか?」

柱間「急に何だぞそれ?」

「ヤケに目にプライド持ってんな」

マダラ「そりゃそうだろ!」

「なにせオレは写・・・」

「・・・・・・!」

柱間「・・・?」

マダラ「・・・・・・・・・」

柱間「・・・・・・」

「どした?」

マダラ「イヤ・・・・・・・・・そうでもねーな・・・やっぱ」

柱間「何だぞ?・・・お前にしちゃやけに素直だな」

マダラ「・・・だったら兄弟は死んでねェ」

「見守ることもできなかったクくせに・・・」

「何が・・・・・・」

「・・・何が・・・」

柱間「・・・・・・」

「もう兄弟はいねーのか?」

マダラ「イヤ・・・一人だけ弟が残ってる」

ググッ

「その弟だけは何があろうとオレが守る!!」

マダラ「・・・・・・」

「ここにオレ達の集落を作ろう!!」

「その集落は子供が殺し合わなくていいようにする!!」

「子供がちゃんと強く大きくなるための訓練する学校を作る!」

「個人の能力や力に合わせて任務を選べる!」

「依頼レベルをちゃんと振り分けられる上役を作る」

「子供を激しい戦地へ送ったりしなくていい集落だ!」

マダラ「フッ・・・そんなバカなこと言ってんの・・・お前ぐらいだぞ」

柱間「お前はどうなんだよ!?」

マダラ「ああ その集落作ったら今度こそ弟を・・・」

「一望できるここからしっかり見守ってやる・・・!」

柱間(ニコッ)

マダラ「へへへ・・・」

そこが後
木ノ葉の里となる
場所だった

オレはこの時
覚悟を決めた
先を見るために
耐え忍ぶ覚悟を

写真 (1).JPG

柱間「2人共届いたな」

マダラ「その石・・・水切りするにはいい石だ・・・」

「・・・次に会うまでてめェーに預けとく!」

ザッ

柱間「!」

扉間「兄者・・・・・・」

「話がある」

柱間父「お前が会っている少年がいるな・・・」

柱間「何でそれを・・・」

扉間「父上の命で兄者をずっと尾けてた・・・感知ならオレが上だ」

「最近やたらと出かけるから何かあると思って・・・・・・」

柱間父「あの少年をワシが調べた」

「うちは一族の者だ」

「我ら一族の大人たちの手練もやられている」

「生まれながらに忍びの才を持つ少年のようだ」

柱間「・・・・・・!」

"・・・やっぱそうだったのか・・・"

柱間父「たいして驚かないところをみると・・・」

「お前達すでにお互いの一族の名を知っていたんじゃないだそうな?」

柱間「イヤ・・・知らなかった」

「おそらく奴も・・・」

柱間父「・・・これがどういうことが分かってるな」

「千手の者達にはまだ言っていない・・・・・・」

「スパイ呼ばわりされたくなくば・・・」

「次にあの少年に会った後奴を尾行しろ」

「うちは一族の情報を持って帰れ・・・任務だ」

「・・・気付かれた時は・・・・・・」

「殺せ」

柱間「ほ・・・本当にうちは一族なのか?」

柱間父「そうだ・・・」

「お前が千手だとバレていれば・・・こちらの情報を盗むために気を許したフリをする」

「信用するな」

柱間「イヤ・・・あいつはそんな」

柱間父「腹では何を考えておるか分かったものではない」

「もしダマされれば千手の皆を危機に落とし入れることになる」

「念のためワシと扉間も付く・・・」

「分かったな!」

サーーー・・・

写真 (2).JPG

マダラ「さっそくだがよ」

「・・・まずは挨拶代わりの水切りからいくか」

柱間「おう・・・」

シュッ

シュッ

写真 (3).JPG

マダラ「柱間・・・悪ィ・・・」

「今日はダメだ・・・急な用を思い出してよ」

柱間「・・・・・・」

「そ・・・そうか・・・」

「じゃあ・・・オレも今日は帰るとするぞ」

写真 (4).JPG

柱間父「このスピード!逃げ切る気か!」

「柱間め教えたな!!」

「行くぞ扉間!!」

扉間「ハイ!!」

バチャ

バチャ

写真 (5).JPG

NO.623/おわり


ついにお互いの立場を知ってしまった柱間とマダラ。

お互いの父より暗殺の指示を受けながらも、お互いに友情を選び伝えあう姿は感動的でしたね。

そしてついに登場したマダラの父うちはタジマと弟のイズナ。

そして柱間の父千手仏間と扉間。

この後戦いは避けられなさそうです。

次号の展開が待ち遠しいですね。

〜 ナルト ネタバレ 623 確定 画像 〜
posted by narunaruto at 04:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナルト ネタバレ 確定 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
過去ログ


超人ハルク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。